相続と贈与…どっちがお得?

この記事をシェアする

資産は有効活用され経済活性化に繋がる」として、生前贈与を推奨しています。しかし「贈与税は高い」「贈与税を払うなんてもったいない」と思っていませんか?その考えは間違っています。贈与は、適正に行えば節税できます。

相続税と贈与税

基礎控除後の

課税価額
相続税(控除額) 贈与税
特例税率 左記以外
~200万円以下 10%(0) 10% 10%
200万円より~300万円以下 15%(10万) 15%(10万円)
300万円より~400万円以下 20%(25万円)
400万円より~600万円以下 20%(30万円) 30%(65万円)

600万円より~1,000万円以下

30%(90万円) 40%(125万円)
1,000万円より~1.500万円以下 15%(50万円) 40%(190万円) 45%(175万円)
1.500万円より~3.000万円以下 45%(265万円) 50%(250万円)
3.000万円より~4.500万円以下 20%(200万円) 50%(415万円) 55%(400万円)
4.500万円より~5.000万円以下 55%(640万円)
5.000万円より~1億円以下 30%(700万円)
1億円より~2億円以下 40%(1,700万円)
2億円より~3億円以下

45%(2,700万円)

3億円より~6億円以下 50%(4,200万円)
6億円より~ 55%(7,200万円)

あれ?相続税の方が高い!!

と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 相続税と贈与税は、財産を渡すときにかかる税金という性質は同じですが、前提となる考え方が全く違うのです。 相続税は、財産の持ち主が亡くなってしまったことにより、相続人に全財産を一度に渡す際にかかる税金です。一方で、贈与税は生前中に財産を渡す際にかかる税金ですが、生前中に全財産を「もう隠居するから全部あげるよ」と一度に贈与してしまうなんてことはありえるでしょうか? なかなかありえませんよね。 もし、生前中に全財産を一度に贈与するという前提であれば、先ほどの相続税の税率表と贈与税の税率表を比べればわかるように、贈与税のほうが圧倒的に高くなります。 一方、相続は死後に行うものですがら、ちょっとずつ相続するというのはできません。 なので、相続税は一度に全財産を渡すことが前提となっていますが、生前贈与は財産を小分けにして渡していくことが前提になっています。そのことから、この2つの税率表を単純に比べるというのは、前提が大きく違っているので、ナンセンスな議論なのです。

現実的な相続税と贈与税の金額

相続の場合には全財産を一辺に渡すことになりますが、生前贈与の場合には、ちょっとずつ小分けにして財産を渡すことができるのです。 小分けされた贈与額と、その金額ごとにかかる贈与税の負担率を比較してみてください。

ケース1 
200万の贈与の場合→ 200-110×0.1=9万円

つまり200万に対しての負担率は4.5%となります。

ケース2
400万の贈与の場合→ 500-110×0.15-10=48.5万円

つまり400万に対しての負担率は9.7%となります。

ケース3
1000万の贈与の場合→ 1000-110×0.3-90=177万円

つまり1000万に対しての負担率は17.7%となります。

(上記のケースは特例税率の場合です。)
直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日において20歳以上の者(子・孫など)※への贈与税の計算に使用します。
※注 「その年の1月1日において20歳以上の者(子・孫など)」とは、贈与を受けた年の1月1日現在で20歳以上の直系卑属のことをいいます。

先ほどの相続税の税率と比べると、小分けされた金額にかかる贈与税はそこまで高くないことがわかると思います。500万までの贈与であれば、相続税の最低税率10%を下回ります。
上記は特定税率のケースですが、年間410万円までの贈与であれば同じ税率になるので、410万円以内の贈与を検討しているのであれば、気にしなくてOKです。

財産1億円のケース

相続税
1000×0.1+2000×0.15+2000×0.2+1400×0.3=1220万円

生前に400万贈与した場合
減少する相続税 400万×0.3=120-贈与税(48.5万円)=71.5万円

生前贈与で71.5万円のお得!

生前に1000万贈与した場合
減少する相続税 1000万×0.3=300-贈与税(177万円)=123万円

あ! 生前贈与ってお得!

生前贈与で123万円のお得!

相続税は、亡くなった人の遺産額が、基礎控除を超えた人にだけかかる税金です。現在基礎控除枠を超えて相続税がかかる方は8%ほどですので、ほとんどの方は110万を超える生前贈与をするメリットはありません。
しかし、相続税のかかる人たちにとっては、この常識は逆転するのです!!!
相続税に比べれば、贈与税はとってもお得な税金になるのです。
将来的に相続税が発生するかどうかで、とるべき行動が変わってきますね。ぜひ一度生前贈与のご検討をしてみてください。

この記事をシェアする